ジャックの出会い系サクラ捜査

YYCってサクラや業者いる??ジャックがズバッと答える【回避策も伝授】

yycj

YYCってサクラ居るって聞いたことあるけど…

それって本当なの?

その疑問、悪徳サクラサイト撲滅を生きる糧とする男、このジャックが答えよう。

結論から言ってしまえば

YYCには、運営が雇っているサクラは居ない。

ではなぜYYCはさくらがいるとか、そういう情報が世間に流れてしまうのか。

それは一般ユーザーが「サクラ」という言葉を、正しく定義できてないことに原因がある。

今日はそこらへんの齟齬の説明と、YYCで業者やCBに騙されず出会う方法について話していこう。

▶YYC(公式サイト)を見る

YYCにサクラは居ないと断言できる理由

知っての通りYYCは、株式会社mixiの完全子会社である「株式会社Diverse」が運営している。

(YYCはホリエモン率いるlivedoor→LINEやNAVERでおなじみNHN株式会社→mixiと譲渡され続けてきた歴史がある)

この現在の親会社の株式会社mixiは、東証マザーズに上場を果たしている企業であり、他にもモンストやFind Job!も運営している大企業だ。

なんと2018年、YYC運営の「株式会社Diverse」はmixiからIBJにまたもや譲渡されてしまった!

とはいえIBJも上場企業であり、結婚相談所の運営をメインとしていて、ミクシィより事業としては近い会社だな。

そしてどちらにせよ、吹けば飛ぶようなチンカス詐欺サクラ業者とは別次元の会社だ!

そしてそんな大企業が、もしサクラオペを雇ってポイントを使わせるような詐欺行為をしていたら…

どうなるか考えてみてほしい。

いくら箝口令を敷いていても、人の口に戸は立てられない。

すぐに週刊誌などマスコミにリークされ、社会的な大問題になり、株価は大幅下落、下手したら倒産だ。

損得勘定を少しでも出来る人間なら、そんなバカな真似するはずがない。

また、サクラを雇っているような悪徳出会い系は、1通300円~500円という料金になっている。

参考:出会い系でメール1通の料金が70円以上→悪徳濃厚

YYCの利用料金はメール1通54円で、これでバイトを雇ってメールのやり取りを行わせるというのは、ビジネスとしてかなり非効率的だ。

さらに、YYCは運営歴は14年会員数も900万人以上いる出会える系サイトである。

リピーター皆無の悪徳サクラサイトと違い、ちゃんと出会えるので長く使う会員もいる。

つまりリアルな会員同士をマッチングすれば、自然とやり取りは発生するのである。

オペを使い偽物のコミュニケーションを行わせるより、よっぽど健全で手間のかからない方法だ。

以上のように、ネームバリューもある大手サイトが、わざわざサクラを雇う意味など全く無いのである。

援デリ・誘導業者・キャッシュバッカーは居る

ではサクラがいると言っている一般ユーザーはみんな嘘をついているのだろうか。

実はそうじゃなく、運営がポイント代目当てに雇ったサクラはいないのだが…

「出会い目的ではない会員」

がYYCの中に居るのである。

え!?それってサクラじゃないの!?

と思ったかもしれないが、厳密には別モノなのだ。

こいつらは援デリ・誘導業者・キャッシュバッカーの3つの種類に分類できて、それぞれ下記のような人種である。

援デリ業者とは

援助交際を装った裏デリヘル業者で、グレーというか完全にブラックな連中である。

素人会員のふりをして、お金くれたらヤラせてあげるよ?とサイト内で誘ってくるのが手口である。

やたらプロフがエロかったり、今すぐ出会いたいとか言っている女は要注意だ。

誘導業者とは

悪徳サイトの手先で、このサイトよりいいサイトがあるよ!などと言ってサクラサイトに誘導してくる。

参考:出会い系内で別のサイトを紹介された→キャラ誘導確定

どんな美味いことを言ってたとしても、他のサイトを経由しようとしてきた時点で、そいつは業者確定だ。

キャッシュバッカーとは

※CB=キャッシュバッカーのこと

リアルな一般女子なのだが、目的が出会いではなく、サイトが用意したキャッシュバックのみを目当てに活動している女性のことだ。

YYCは楽天Edyによるキャッシュバック制度は存在しているものの、メール返信で約1.8円という低レートなので、それを目的に活動しているユーザーはそこまで多くないだろう。

(100通でやっと180円じゃ、他の在宅ワークをしたほうがよっぽどいい)

以上、これらの迷惑ユーザーたちは、サイト側も見つけ次第アカウント削除などの対応をしているのだが、完全撲滅はできていないのが現状だ。

業者やCBに騙されず出会う方法を伝授

「でも、それってつまり、狭義のサクラはいなくても、出会えない会員が居るってことじゃん?

そんならYYCなんて使いたくないよ!」

そう思った人もいるだろう。

しかし…こいつらは少し注意すれば、簡単に回避できるのだ!

なので、それだけでYYCを使わないと判断するのは、ちょっともったいないぞ。

そこで、実際にジャックが使っている「業者・CB攻略法」をキミに伝授しよう。

今からでもカンタンに真似できることだけなので、ぜひ参考にしてみてくれよな。

まずはざっと箇条書きにしてみた。

  1. 女子からのアプローチは基本的に無視
  2. 掲示板から来た女子は囲い込む
  3. 他のサイトを経由しようとしたら即切り
  4. メールを送った当日か次の日にはアポ打診

それじゃあ項目ごとに解説していくぞ。

①女子からのアプローチは基本的に無視

キミがよほどのイケメンや大富豪でもない限り、女子からのメールやタイプはシカトでOKだ。

まぁ素人女子からのアプローチの可能性もゼロじゃないが、経験上、業者かCBの確率がめちゃくちゃ高い。

基本どこの出会い系も圧倒的に女性有利なので、ほとんどの女子会員は男からのアプローチを待っている。

誤解を恐れずに言えば、出会い系の女は99%が「かまってちゃんなお姫さま」なので、つぶやきや日記の更新くらいはするが、自分からは男に連絡したりしない。

(きょ、極論だからな!)

そんな状況において、さしてイケメンでもなく、高収入でもないキミに連絡する女性…

怪しくないか?

ジャックはどう考えても疑惑しか感じないので、そういう連中はすべてシカトしているのだ。

②日記・掲示板から来た女子は囲い込む

しかし、女子からのアプローチにおいて、例外的に期待してOKなものが2つある。

それは日記へのコメントと、掲示板の書き込みへの返信である。

日記は無料で書いたり読んだりコメントできる神機能なので、ぜひ使ってもらいたい。

まず、わざわざ日記にコメントするといった手間のかかること、少なくとも援デリ業者はしない。

そして

「この子ちゃんと内容を見てコメントしてくれてるなー」

と感じたら、それは素人の確率が高い激アツモードだ。

逃がさないようアプローチしていこう。

また、掲示板は1日1回の書き込み無料なので、これも利用してもらいたい機能だ。

内容は即会いやメル友など何でもいいが、

「※業者・CBはお断り」

という一文を入れておこう。

これで「分かってるユーザー」を演出できるので、業者連中も無駄な手間はかけたくないと、あっちから避けてくれる。

③他のサイトを経由しようとしたら即切り

援デリ業者と違って、誘導業者はさらに手間を掛けてくる傾向がある。

例えば前述の日記、掲示板からも誘導を仕掛けてくることもあるほどにな。

しかし、こいつらはどんなに手間をかけようが、絶対に即バレしてしまうどうしようもない運命にある。

何故って、こいつらは…

他のサイトに登録させるという圧倒的に不自然な行為を強いられているんだっ!!!

最近はQRコードを読み取らせたり、LINE@を使ったりもしているが、着地はどうしても悪徳サクラサイトへの登録になる。

その不自然さをなくすために、LINEの調子が悪いとか彼氏バレするとか色々ストーリーを練ってくるが、他サイト経由を言い出した時点で即通報してOKだ。

信じたくないだろうが、完全に誘導業者だからな。

次にいこう。

④メールを送った当日か次の日にはアポ打診

最後に、これは素人女子もある程度切ってしまうことになる手法だが、最終的なコスパが段違いなのでぜひオススメしたい。

気に入った女性にアプローチして、無事返信が来たら、嬉しくてついダラダラとメールしてしまいがちだな。

しかし、そこをグッとこらえ、当日か次の日にはもうデートに誘うのだ。

それがダメなら、LINE交換までは行いたい。

それもNGだというなら、そこで切ってしまって次にいこう。

その女はキャッシュバッカーの恐れがある。

もちろん、最初に言ったようにガードの固い素人女子の可能性もある。

しかし、そこにあえて時間をかけるより、サクッと会えるビッチガールに狙いを絞ったほうがダントツで効率的だ。

この手法をちゃんと守って活動すれば、月に2~3人には会えるはずだ。

ポイント代はジャックの場合、平均で月1,500円ほど使っている。

実際はまとめ買いしているのでもっと安いと思うが、高くてもそれくらいでイケるってことだ。

今YYCに登録すると無料で300ポイント貰えるので、まずはサイトの中を覗いてみるといいだろう。

▶YYC(公式サイト)を見る

以上、ジャックはみんなの素人との出会いを応援しているぞ!

迷ったらここ!ジャックの出会い系ランキング【随時更新中】

サクラ撲滅支援を頼む!

ブログランキング・にほんブログ村へ
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top