ジャックの無料出会い系サクラ捜査

出会い系で出会えない人の超BADな行動と特徴を晒す

ジャックは悪徳サクラ出会い系の撲滅のため、運営の手口を片っ端から暴露し、サクラ被害者をゼロにしようと活動している。

そして同時に、ちゃんと会える優良サイトの紹介も行い、本当に求めていた「出会いの機会」を手に入れてもらうサポートもしてきた。

しかし、チャンスを手にするだけでは、まだ十分とはいえない。

なぜなら優良出会い系を使っても、全員が100%会えるわけじゃないからだ。

上のつぶやきを見て、ハッとするメンズもいるだろう。

サクラがいないということは、本物の素人女子が画面の向こうにいるということ。

素人女子はサクラのように都合のいいエロメールなんて送ってこないし、好みじゃない相手には返事すらしないことだって当然ある。

女性陣に「この人と会ってみたいな~」と思わせなければ会えない、それがリアルな出会いの現実だ。

しかし、出会い系に登録しているという時点で「オトコを欲してる」というのは間違いない。

彼氏、夫、イケメン、セフレ、パパ活…目的は色々あっても、そこだけは共通している。

会いたい男と会いたい女が集う場が、優良出会い系サイトなのだ。

なので、基本的に会えて当然で、会えないなら自分が女子を遠ざける地雷メンズになっちゃってる可能性が非っ常~に高いぞ。

そこで今回は、出会い系を利用するときにやってしまいがちな、女子ドン引きのNG行動をあげていく!

なかなか優良出会い系で会えないという人は、ぜひチェックしてみてくれ!

出会い系でやりがちなNG行動と特徴6選

出会い系で避けるべき行為は色々あるが、その中でもより多くの女性からNGを食らうであろう、6つの「MYDA(まじでやめたほうがいい出会い系アクション)」を紹介していく。

①プロフの顔写真がキモい

まずは第一印象を左右するプロフの顔写真についてだ。

出会い系では、ネット上の情報だけを見て「この人良いな」とか「この人はナシだな」とか決めていく。

中でもプロフ写真は重要度MAXレベルで、それがキモかったら…

出会いどころの話じゃないな。

しかし勘違いしてほしくないのは、この「キモい」とは顔の造形の話ではなく、工夫次第で改善できる「撮り方や表情について」の話なのだ。

自分はブサイクだから出会えないんだと思ってる人もいるかもしれないが、断言しよう。

そんなものは表情と撮り方でどうとでもなる!

いいか?

キミはプロフ写真をどうしている?

まさか、新規入会時にテキトーに自撮りしてそのまま使ってたりしないよな?

まず、男の自撮り自体がちょっとキモい。

さらにカメラ目線のキメ顔とか、ミッチーやGACKT様でもない一般人は、絶対やっちゃいけない。

(彼らならさらにバラを咥えたとしても引く手あまただろう)

必ず誰かに撮ってもらった写真を使いたいが、そのまま使える写真を持っていない人はどうするか。

ジャックのオススメは、飲み会に行ったりしたら自分のスマホやカメラで記念撮影をすること。

記念撮影の写真も、自分以外のメンバーの顔を加工して隠せば、自撮りより随分マシな顔写真の完成である。

また、最近女子の間でハヤリのSNOWも、男がやると得体の知れないむず痒さが生じる。

おめめパッチリで犬やら猫になったオトコの画像なんて、いったい誰が見たいというのだ。

とはいえ、画像の加工だけならアリ、というか一歩でも抜け出すために積極的に使っていきたい。

なんてこと無いフツメンの画像も、モノトーンやセピアにするだけで、何だか雰囲気イケメンに見えたりする。

表情は、クシャ笑顔や目線下向き真顔もハマる人はハマるが、「ナチュラル笑顔」が1番女ウケが良い。

顔写真のコツは以上だ。

  • 自分以外に撮ってもらう
  • 白黒やセピアに加工
  • ナチュラル笑顔

これを満たすような写真であれば、とりあえずプロフ画像だけでNG食らうことは激減するだろう。

なに?写真でカバーしても、実際に会ったらそこにリアルなブサイクが居るじゃないかって?

甘ったれるんじゃない!

対面したら後はトークと勢いでなんとかするのが、非イケメンの俺たちのやり方だろうが!

何もしなくても女が勝手に好きになってくれるのは、イケメンとラノベの主人公だけだ。

イケメンと同じ土俵で戦ってどうする!

我ら非イケメン部隊は、顔以外の武器を磨きに磨いて、一心不乱に砦を落とすのみ!

全軍、突撃だぁ~~~~~~~ッ!!!

②テンプレメッセージ爆撃

古から伝わるナンパの常套句に「これからちょっとお茶でもどうですか?」という台詞がある。

しかし現実問題、これで引っかかるような女はいない(ナンパするのが向井理なら話は別だ)。

こんなセリフで引っ掛けようとしても、相手からしたら女なら誰でもいいのがバレバレだ。

出会い系のメッセージも同じで、ひとりひとりに文章を考えるのは手間だといって、みんなに同じテンプレ文面で送ってもまったく響かないのである。

せっかくのチャンスをふいにする、お金と時間をムダにするNG行為なので、心当たりのある人はすぐに改めたほうがいい。

女子は、というか人間は、自分をちゃんと見てほしい、認めてほしい生き物だ。

「私はあなたのこういうところに好感を持ちました」

という相手のパーソナルな部分をきちんと盛り込んで、ファーストメッセージは送らないといけない。

まぁテンプレでもタイミングさえ合えば返信が来たりもするだろう。

そこそこ顔も整ってて若ければ、それだけでも返信はもらえるものだからな。

でも騙されたと思って、頭を使って考えた文章に変えてみるといい。

きっと返信率の爆上げ具合に驚くぞ。

③初っ端から踏み込みすぎたメッセージ

テンプレがダメなら、ちゃんと相手に応じてファーストメッセージを考えようっと!

なになに、この人は最近ダイエットを始めたのか…それならこの話題だっ…!

「僕は糖質制限で72→67キロまで痩せましたよ!ちなみに今の体重は何キロで、目標体重は何キロですか?」

…まぁこんなことを実際に聞く人はいないだろうが、近いようなことをやってる人は、案外多い。

次のNG行動は「初っ端から踏み込みすぎたメッセージ」を送ることだ。

いくら相手に応じたメッセージを送るべきだからと言って、プライベートな内容や繊細な話題は避けよう。

政治・宗教・病気・収入や、住んでいる場所トークも最寄り駅くらいの抽象度に留めておくべきだ。

まずは気軽に話せる趣味の話題だったり、時事ネタに絡めた内容が無難だぞ。

Q.じゃあプライベートで繊細な話題を、本人が日記やプロフにガンガン書いてたらどうなの?かまってほしそうだけど?

A.高確率でメンヘラだから触らない方がいい

④会話のネタフリなし、広げる気もなし

気軽に話せる話題にするのと同時に、こちらからネタを振ってあげること、あっちからの話題を広げてあげることも重要だ。

あとは質問で終わらせて相手に返事をしやすくするのも必須だな。

「プロフ写真、とても素敵ですね。よろしくお願いします。」

こんな「あ、そうっすか」としか言いようがないようなメッセージは送らないようにしよう。

でもネタフリと言われても何を話せばいいかわからない…

という人は、自分がどんな印象を相手に持ったか、そして気になったことなどを質問していくといい。

「とてもオシャレな方でビックリして、思わずメールしちゃいました!もしかしてアパレル系にお勤めですか?」

この例文は、ファッションセンスを褒めてもらいたくてたまらないThe インスタ女子、ルックスは中の中~中の上クラスを想定した。

(応用として、ルックス上レベルならモデルさんですか?になるし、人間以外の写真多めなら写真家ですか?になる)

まぁこの例文が返事をもらえるかどうかは置いといて←、挨拶や自己紹介だけで完結したりしちゃいけないということだな。

そして返信をもらったら、さらに話題を広げたり深掘りしていく。

そうやって相手が心地良いコミュニケーションを重ねていくことで、「この人なら会ってもいいかな…?」と思ってもらえるのだ。

⑤下ネタがヒドい

会話ネタの中でも、特に扱いに気を使ったほうがいいものがある。

それが下ネタだ。

「③初っ端から踏み込みすぎたメッセージ」では、政治・宗教・病気・収入などは触れるべきじゃないし触れる必要もないと書いたが、下ネタはこれらとはちょっと違う。

下ネタは下手に扱うと嫌悪感しか産まないが、うまく使うと一気に親密度が上がり、男女の関係に進むのが早くなる、いわば諸刃の剣なのである。

どの程度がちょうどいい下ネタかを教えられればいいんだが、こればかりは個人差が激しいので、小出しにしながら相手の反応を見ていくしかない。

最初はライトに「Sっぽい?Mっぽい?」とかから入る。

乗ってくるようなら「キスのとき、アゴくいってされると喜ぶタイプ?(笑)」とか具体的なトークをかます。

それでも付いてくるなら「正常位でガッと激しくされるのも好きそうだよね?」モロな下ネタをブチ込んでみる。

下ネタについてきているかどうかは、返答に具体性がある、相手が話を広げようとしている、などから見極める。

逆にYes Noだけの返信だったり、顔文字だけとか淡白な返答だったりした場合は、即撤収して違う話題に移ろう。

相手が嫌がってるのに自分だけ興奮して下ネタトークを続けるのは、もはやセクハラだからな。

⑥デート場所が重い

これはサイト上で仲良くなって、いざ初アポを決行するぞという場合に起こる問題だ。

出会い系のアポに慣れていないと、女子が喜ぶデートスポットとか調べて、いきなりディズニーランドとか行っちゃう人もいる。

よっぽど相手がディズニーフリークなら別だが、付き合ってもない男女の初めてのアポにディズニーは重すぎる。

まだどんな人かもよく分からない相手と、丸一日拘束で長時間の並びを共に過ごすとか、ちょっと危険すぎるだろ。

初アポはカフェでお茶くらいがちょうどよく、あとはレストランでのランチとか、お互い酒好きなら飲みもまぁOKだろう。

スポーツ観戦や映画館、動物園も初回は避けた方が無難だが、それが共通の趣味として話が盛り上がっているのであればアリだ。

それでも日帰りは鉄則だし、長くても半日程度でお開きにして、ちょっと物足りないくらいで次回に繋げるべきだぞ。

実はOKな行動

逆に、ダメそうに見えて実はアリという行動もあるので、これも合わせて紹介しておこう。

すぐに会おうとするのはOK

すぐに会おうとするのはガッツイてるって思われるかもしれない…

なんて心配は無用、なぜならここは出会い系だからだ。

出会うためにお互い登録しているのに、あえて焦らす意味なんてどこにもない。

お互いに好印象を持ったのであれば、さっさとリアルで会い、その先に進めるかのジャッジをすべきなのだ。

さすがにファーストメッセージやセカンドメッセージでアポを取り付けるのは時期尚早だが、最初のメッセージから1週間以内にはアポ打診したほうがいい。

相手が自分にいつまでも興味を持ってくれるわけじゃないからな。

鉄は熱いうちに打て、と言うだろう?

LINEに移行するのもOK

ダラダラとサイト内でメールしていると、いくらお金があっても足りない。

そこで仲良くなった相手とは、LINEなどの無料メッセージアプリを通じてやり取りするのがベストだが、女子にケチ臭いと思われないか心配かもしれない。

だが安心していい。

サイト内から移動したがらない相手は、キャッシュバッカーの疑いが強い。

キャッシュバッカーは、サイト内で男性にポイントを使わせることで自分に報酬が入るので、1円にもならないLINEのやり取りなんてまっぴら御免だ。

ヤツらはLINE移動を打診してきた男に対して、まだ信用できない…とか、金銭的な余裕がなさそうな人はお断り!とか、もっともらしい理由を話す。

しかし素人女子なら、自分とのメールにポイント代を払っていることが分かれば、そこそこ仲良くなればLINEやカカオに移動してくれる。

むしろポイント代を払っていることを知りつつ移動は嫌だと言う素人女子なんて、こちらから願い下げというものだ。

仲良くなった後の下ネタもOK

⑤下ネタがヒドいの項でも言ったが、下ネタは使いようである。

女子同士の会話でも普通に下ネタは出るので、仲良くなった後であれば問題ない。

(ただし下ネタはガチで一切ムリっていう女子も少数ながらいる)

後々の男女の関係に進むことを意識させるためにも、どんなプレイが好きかまで話せると最高なんだがな。

「大人のおもちゃとか興味ある?」

「使ったことない~(。>﹏<。)」

「じゃあ今度持ってってやるよ(笑)いつヒマ?」

「え、次の金曜日かな。あんまり怖いのはナシだからね?」

ノリノリの女の子なら、このくらいまで事前に仕上げてしまうと、当日はプレイに集中できて楽だぞ。

まとめ

以上、ちょっと長くなってしまったが、出会い系のNG行動と、実はOK行動についてだ。

まずは女子の足切り(明らかに無しな男として恋愛対象から外すこと)に引っかからないように意識するだけでも、出会い確率はググッと高まるぞ。

だが覚えておいてほしいのは、NG行動なんて取らなくても、パタリと音信不通になることなんて日常茶飯事だということ。

女は気まぐれだからな。

1回や2回ダメでも、くじけちゃいけないぞ。

諦めずに数をこなしたものにだけ、成功(性交)の女神は微笑むんだからな!

▼ジャック認定の優良サイト▼

【期間限定】優良サイト公開中!

サクラ撲滅支援を頼む!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top